男の性|愛する人と幸せになるために知っておくべきこと《dc steelcity mafia fan club》

性感染症の増加

日本人の若い人たちは、昔と比べると性に対して解放的になっているのもあって、早いうちに性体験をはじめるようになっています。かつては不純異性交遊と呼ばれていて、どちらかといえば不良と呼ばれている人がそういった経験をしていました。しかし現在ではそんな呼び方も考え方も過去のものとなっています。若い人たちの性大変なオープン化するとともに、性感染症はもう特別な人たちの病気ではなく、いつ誰がかかっても不思議ではない病気になっています。

 

親たちは中高生で性体験は早いと思っている

日本の8割以上の家庭は、自分の子供が中高生のうちに性体験をおこなうことは早いと思っているのです。そういう家庭では、「うちの子に限ってはそんなことはない」と思ってしまいます。たとえ「もしかしたら・・・」と思い当たることがあったとしても、「いや、ないだろう」と考えたりします。ですから、自分の息子や娘たちには避妊のことや性感染症についての知識や予防などの適切なアドバイスを与えることができない。ましてや、自分の子供が性感染症にかかっている、などということは想像もしたくないし、できないのです。

 

※海外の場合(欧米)は、性に対しては親もオープンなため、子供に早いうちから性にたいしてのアドバイスをしている家庭が多いです。

タブーが病気を招く原因

母親に小学6年生の子どもが泌尿器科に連れられてきました。亀頭はまだ皮をかぶったままの完全な包茎の状態だったのですが、その中はとても痒くて我慢できないと言うことで、母親に訴えたそうです。医師は彼のペニスを診察することにしました。亀頭の皮をむくと、そこに白いチコウがびっしりと溜まっていて、とても臭い匂いを放っていたのです。そしてチコウのために亀頭の根元の部分が化膿してしまい、ただれていたのです。

 

医師は、彼のペニスを掃除して消毒をしました。そこでのアドバイスは「時々ここをむいて、よく洗うんだよ」と言ってあげました。自分でペニスを洗うようになってからは、彼は二度と炎症起こさなくなったそうです。これは正しい知識を身につければ病気を予防できるという、見本です。

 

診察のとき、彼に聞いてわかった事は、「お母さんには、ここは大事なところだから絶対に触っちゃダメといわれているの。」「お父さんは、僕は小さいときに母さんと離婚してしまっていないの。」こういっていたそうです。これは、お父さんがいないことでこうなってしまったことが大きな原因の1つですが、お母さんでも、男の子のことを知っておかなければなりません。

続きを読む≫ 2014/04/20 17:15:20 性について

世の中のお父さんお母さんに知ってもらいたいことがあります。それは、自分の子供が小学生の場合、「自分の子供はまだまだ小学生なので性教育なんて知らなくていいんだ。セックスのことなんかもってのほか、そういった事は高校を卒業してからでいい!」そんな古い考えを持つお父さんお母さんは、いまだに多いと聞きます。

 

実際に今の小学生の何割かは、すでにセックスができるようになった男性である、もしくはセックスができるようになった女性である、ということを認識しておくことがとても必要です。現在の小学生は体の育ちが早いですから、小学生のうちに精通が始まる子もいるし、初潮が始まる子もいますからね。現在の小学校3年生ぐらいで使われている保健の教科書の内容は決して早すぎる情報とは思いません。ただし実際の保健の授業は教科書の内容に沿って進めているかというと、先生によってはそうでない人が多いみたいです。

 

小学生にセックスのことなんて分からないから教えなくていいんだ。小学生はまだまだセックスのことなんて分からない・・・これは全くの嘘です。セックスの事が分からなければ、大切な避妊の問題も性感染症の問題もわかるはずがありません。ある子供によっては、もしかしたらそれが明日にでも大きな問題となるかもしれないのです。性感染症の問題はまずそのことから考える必要があります。

続きを読む≫ 2014/04/02 22:26:02 性について

言うまでもなく精通と言うのは、男子は射精できる体になることです。この精通によってセックスが可能になります。大抵の男子は、1番最初の精通は夢精で知ることが多いようです。体の中で生産された精液を溜めすぎてしまい、眠っている間に出てしまうのです。また、目が覚めていても何かの刺激で思わず射精してしまうことや、自分の指でペニスをいじっているうちに気持ちよくなって射精する説を経験するようになるでしょう。

 

かつての男子は、小学生高学年の11歳から12歳、中学生の1年生から2年生の13歳から14歳ぐらいまで、この間に精通を迎えるのが普通でした。ところが最近では、食べ物の影響がよくて体格の良い子供が多くなってきたために、性機能の発育も早まってきているようです。早い人なら小学校3年生〜4年生の9歳から10歳ぐらいで精通を経験する男子も珍しくありません。もっと早い男子で、小学校1年生で精通が始まったと言う日本記録クラスの男子もいると聞きました。

 

同様に女子の月経が始まる初潮年齢も、早くなっています。これも昔は平均で12歳から13歳ぐらいと言われていました。しかし一般的には、紫禁城が関係していることがあるようです。身長は147センチから148センチぐらいになると初潮が起こるという報告が多いです。女性もまた小学校1年生で初潮を迎えたという例を聞いたことあります。

続きを読む≫ 2014/03/16 23:23:16 性について

うちの子供は、まだどこから子供が生まれてくるなんてわかっていないのよ。だから余計なことはしないでね!

 

ある小学校で行なわれている性教育について、5年生の女の子のお母さんがこんなふうに抗議をしていました。つまり、寝た子を起こすな!というわけです。父兄ばかりではなく教育現場の教師の中にも、こういった教え方・考え方をする人が少なくありません。

 

今の日本には、性教育の見方をめぐって大きな意見の対立があります。片方では、子供たちにもっとしっかりと性教育について教えて行こう!という考え方、もう一つは子供達にはまだ性教育について知らなくてもいい!という考え方です。

 

現在の保健体育の教科書では、男の子についてこうやって書かれています。

  • ヒゲが濃くなってくる
  • ニキビができやすくなる
  • 喉仏が出てくる
  • 声が低くなる
  • 筋肉がついてくる
  • 脇の下に毛が生えてくる
  • 性器の周りに毛が生えてくる

 

現在の保健体育の教科書では、女の子についてはこうやって書かれています。

  • ニキビができやすくなる
  • 少し声が低くなる
  • 胸が膨らんでくる
  • 丸みのある体つきになってくる
  • 脇の下に毛が生えてくる
  • 性器の周りに毛が生えてくる

 

これらについて、1部の親たちでは「どうしてこんな事を、小学生に教えなければならないのか?」と本気で怒っているようです。こんな教科書を使わないでくれ!!と学校にかけ合う親もいることです。このようなことを教えるから今の子供は、性的な行動が早まってしまうんだ!」という声もあるのです。

続きを読む≫ 2014/03/04 22:08:04 性について

トップページでも記載していますが、現在は若者中心に性感染症にかかる人たちが増えてきています。性感染症になっても、その知識に対応できず『どうすればいいのか・・・』と途方に暮れてしまうのが普通です。また、性感染症にかかってしまった場合でも、症状によっては表面に現れないこともあります。そのことに気づかずに暴徒して、どんどんと他の人たちを巻き込んでしまうということも知っておかないければならないのです。性感染症に対する知識の無知さによって、流行を拡大させてしまっているのです。

 

2005年に神戸エイズ国際会議が行われました。ここでは世界中のエイズの研究に携わる専門家たちが集まった会議でした。この会議では、日本やアジアなどで今、HIV感染が取り返しのつかない大流行につながるかどうかの重大な分かれ道にあると指摘されたのです。日本は先進国のなかでは、唯一HIV感染者が増えている国ですが、このことと最近の若い人たちの性感染症の激増は密接に結びついているとみなさなければなりません。日本ではこれまで、エイズというものは、薬害の問題、ゲイの人たちの病気と考えられてきましたが、現在はそうではありません。現在の日本の従来のHIV感染者は、男性よりも女性の方が多いのです。つまりHIV感染は、男性と女性との間で感染する性感染症の1つと考えるべき時がやってきているのです。さらに他の性感染症の病気を持っていると、HIVの感染の危険度は数倍から数十倍にも高まると言われているのです。

続きを読む≫ 2014/02/21 17:39:21 性について

包茎手術 abcクリニック 東京ノーストクリニック